創業者

リュウサニーさんはアルファブラッスの創業者と社長です。 1950年代から、家族企業台湾商社のトップファイブの中に取っちめました。リュウサニーさんは先駆者で、逆境を克服する強い決意と知恵がある方です。又、リュウサニーさんは、様々な意外な業績を果たしました。例えるなら:台湾のプラスチック業界の初期段階の時、様々なプラスチック類とその応用をご存知の方はかならい少なかったです。然るに、リュウサニーさんは、チュン営団から購入した本と、なとう、ソリューションをみつかりました。

1990年代に、米ドルの上昇により、取引環境が厳しくなりました。リュウサニーさんは,自動化技術と生産プロセスのリエンジニアリングを使用して、弊社のチームをハードウェア製造業界に変えました。就きまして、国際市場の動向を感知し、ニッチ中心の業界向けにガスバルブとサーモスタットの製造を開始することを決めました。この専門の中で、安全性は重要度な要求なので、アルファブラッスは、ガス火災の製品をテストする為、初証左試験ラボを設立しました。又、業界で良く訓練されたエンジニアを育成します。

研究開発、生産、マーケティング、ブランディング、顧客サービス、テスティング及び検証に、弊社は何十年もの努力を重ねてきました。そのお陰で、現在のアルファブラッスを開発出来ました。近年では、リュウサニーさんは、会社の業務を維持する為に、知識継承とチーム開発に集中しています。その他にも、厨房機器の安全基準に関するのセミナーシリーズを積極的に開催しています。そのセミナーへ、国際的な専門家を招き、完全な産業界の生態系を作るよう呼びかけています。

リュウサニーさんは、50年以上の経験を持ち、全てのステージは細心の注意と勤勉さで管理されています。 特に、近の二十年では、アルファブラッスにの信仰を刷り込んで、この人生の目標に対して、「美しさ」(仕事への熱意)や「益」(ビジネス拡張の為の仕様)や「良い」(皆の為の良さ)など。